前へ
次へ

住宅の売却は貸しながら行うこともできる

住宅を保有しているとき、必ずしも自分で住むことだけを考える必要はありません。
建物がある程度しっかりしていて水回りなどの設備に問題が無いなら貸すことができるかもしれません。
一戸建ては色々な使い方が可能で、ファミリーで借りたい人もいれば、シェアハウスなどで貸し出せるときもあります。
不要な住宅を保有しているときは将来的には売却をするのでしょうが、なかなか買い手が見つからずに誰もつく買わない状態が続くときもあります。
その時は貸しながら売り手を探すことも考えてみると良いでしょう。
これによって貸している間に賃料が入り、いろいろなコストの埋め合わせができるかもしれません。
問題は売り手が見つかったときに借主がスムーズに退居してくれるかです。
一般的な賃貸契約は借り手に不具合が無いような仕組みなので、貸し手の都合で退居が求められないときもあります。
定期借家契約であれば期間を決めて貸し出しができるので、期間が終了すればスムーズに退居してもらえるでしょう。

Page Top