前へ
次へ

古い建物がある土地の賢い売り方

築年数の浅い建物がある土地なら建物と土地を一緒に売却することができます。
建物の価値に関しては一概に言えないものの20年が一つの目安と言われていて、築年数20年を経過すると価値としてはあまりないと言われています。
それでも住めるとして土地代だけで買ってもらえればいい方と言えそうです。
と言いますのも古いってものがある土地に関しては、土地を買う人のことを考えると取り壊すのが一番でしょう。
取り壊しの費用を負担してでも更地にした方が売りやすくなりますが、売れなければその期間は多くなった固定資産税の負担が必要になります。
このときにどんな方法で売却をするかです。
売り手が得をしようとするなら古い建物ごと土地を売りますが、その時は取り壊し費用を考慮した価格にします。
土地代が1千万円で取り壊しに200万円かかるなら取り壊し費用込みで800万円として出すと良いでしょう。
これなら売却に時間がかかっても固定資産税は建物がある前提の金額で済ませられます。

Page Top