前へ
次へ

不動産小口化商品はどんな投資商品か

アパートを購入して不動産投資をするとき、土地や建物を購入しないといけないので初期費用として数千万円ぐらいは必要になるでしょう。
ローンで賄えば初期費用0でもできるとするプランもあるようですが、借金をしながら投資をするのに抵抗があるかもしれません。
もっと簡単にできる不動産投資はないかです。
そこで検討したいのが不動産小口化商品です。
通常は一人で不動産を購入してその人が資金を出しますが賃料の全ても受け取れます。
不動産小口化商品は不動産への投資を小口化してそれぞれの人が少しずつ出資をして運営していきます。
かかったコストや得られた賃料などから利益を計算して出資割合に応じて利益が配分されます。
不動産投資の仕組みとしては不動産投資信託に似ていますが、注意したいのが契約期間内の解約ができない点かもしれません。
当初決められた期間は必ず投資し続ける必要があるので、余裕資金を用いる必要があります。
また最低投資額も数十万円から100万円以上などに設定されているので、リスクは高めと言えるでしょう。

Page Top