前へ
次へ

建物がある土地を売却するときの注意

土地があればそこに家を建てれば住むことができますし、住まないにしても何らかの設備を作って運用ができるかもしれません。
ただすでに別に住宅を持っていたり仕事が忙しい人はその土地をうまく使いきれないこともあります。
誰も住んでいないが空き家のまま放置していることもあるでしょう。
建物がある土地が不要になったときは売却するのがいいのでしょうが、きちんと計画を立てて売却する必要があるでしょう。
まず建物がきれいなら建物ごと売れるかどうかを検討します。
築年数が20年以内で問題が無ければ売れる可能性があります。
しかし古い住宅だと建物があると売れにくい時があります。
古い建物がある土地なら建物を取り壊して更地にすれば売れやすくなります。
しかし簡単に売れないときがあり、売れなければその土地の固定資産税を負担しなければいけません。
建物がある土地と更地では固定資産税が大きく異なるので、土地の市場をチェックしたり売却価格をしっかり検証するようにしましょう。

Page Top