前へ
次へ

相続で受けた不動産が譲渡しやすい仕組みが必要

親が持っていた資産は親が亡くなれば子などが引き継ぎます。
これは相続と言われ、金額が一定額以下であれば税金はかかりません。
しかし一定額を超えると税金を払わなくてはならず、親が資産家などなら大きな税負担がのしかかるときもあります。
また相続では資産を分ける作業が必要で、分けにくい不動産はもめる元になりやすいようです。
もし住宅や土地などの不動産を相続で受けた時は、単純に考えればそれを売却して現金化して税金を払ったり相続人で分けたりすればよさそうです。
しかし売却をすると別に譲渡税と呼ばれる所得税が掛かるときがあり、この問題からなかなか譲渡ができない状況もあるようです。
何とか活用されない不動産の譲渡をし易くしようと一定の優遇策があり、条件を満たす不動産を売却した時には譲渡益から一定額を控除して所得税を計算できるときがあります。
条件を満たす必要がありさらには期限があるのでいつまでも適用されるわけではないですが、条件に該当するならうまく使うと良いでしょう。

Page Top